生活習慣と救急車とホメオパシーとは

最近では生活習慣病にかかる人が増えてきており、なんとかして事前に生活習慣病を防ぎたいと考えている人も多いでしょう。
生活習慣病といってもいろいろありますが、食生活やストレス、飲酒、喫煙などといった生活習慣が原因で起きると言われている病気のことを指しています。

救急車というのは傷病者を医療施設まで搬送するための車両のことであり、自動車のない時代から救急車は存在していました。
馬車や人力車などが救急車として使われていたということですが、自動車が発明されてからは自動車が主流となっています。
救急車はトラックをベースにした車両や商用ワンボックスカーをベースにした車両が多く、ベース車両よりも車体強度の向上を施しているものがほとんどです。

ホメオパシーはドイツの医師が確立させた自己治癒力を使う同種療法となっており、同種の法則が根本となっています。
風邪を引くと体が発熱するのですが、この熱に対して熱を出す作用のあるものの情報パターンを体内に入れることにより、自己治癒力を触発することになります。
あたかも熱が上がっているようにさせることにより、体は自らの力で熱を下げようとするのです。
このように同種療法であるホメオパシーは、人間がもともと持っている自己治癒力の喚起を狙った療法となっています。

西洋医学の考え方に慣れている現代人にとって、同種の法則については理解しにくいこともあるでしょう。
しかし、昔は風邪を引いて鼻水が出ると首に長ネギを巻いていたことがあり、鼻水を止めるためには鼻水の出るものを与えていたというわけです。
ホメオパシーの場合も症状をもたらすものを投与し、同種の法則によって治癒させるということです。